HOME > ニュースリリース > 「2016年卒大学生就職活動調査(第二回)の結果速報」

ニュースリリース

「2016年卒大学生就職活動調査(第二回)の結果速報」について

・企業の就職情報解禁時期が変更になった2016年卒の大学生・大学院生がの内内定取得状況や就職活動をどのようなスケジュールで行っているか、取得後にどのような行動をとるのかを調査いました。

【結果概要】
 
・調査時点での内々定率は、男性:71.4%、女性:77.6%で女性が男性を上回っている。
 
・内々定保有者の84.1%が「就職活動を終了する」と回答。
 
・未内定者のうち、29.3%の学生が「卒業後も就職活動を継続する」と回答。
 
・全体の 42.5%の学生が「内々定を辞退したことがある」と回答。
 
・企業への内々定辞退の連絡方法は「電話連絡のみ」が 67.1%で 1位。
 
・就職活動の満足度については、24.9%の学生が「満足」と答え、
「やや満足」の 34.7%と合わせると約6割(59.6%)にのぼる。
 
・就職活動の感想としては、「想定より楽だった」が 36.5%で 1 位となり、
「想定通り厳しかった」も34.0%となっている。
 
・今年度からの新しい就活スケジュールについては、「就活期間が長いと思う」が38.7%で1位となり
前回調査で1位だった「就活期間が短いと思う」(31.3%)を逆転している。



【調査に関するお問い合わせ】
メール:kouhou@earc.or.jp
電 話:03-5419-3090
一般財団法人雇用開発センター